地震が全国的に活動期に入っている今の日本ですが、大きな地震が起こると原発問題はもちろん、停電も心配です。
脱原発、そして停電対策に効果的なのが太陽光発電であり、続々と一般家庭でも設置が進められているのです。 全ての業務用太陽光発電メーカーの中から、どのメーカーが最も効率的なのか悩んでしまいます。
またメーカーが発行しているIDを取っておかないと、通常販売と施工が行うことが出来ない仕組みとなっています。

 

自分にとって、また企業にとって効率の良い納得の業務用太陽光発電を購入する際には、一括見積サイトの利用は欠かせません。
メーカーの特長や価格を理解しておくことによって業務用太陽光発電の選択も正しく行うことが出来るでしょう。日本においてはシャープや三菱、京セラ、サンヨーなどの大手4社の業務用太陽光発電が主となっています。
最近では海外メーカーの進出により、需要の拡大が広がり徐々にこれらの勢力図が変わってきている現状があります。



販売する業務用太陽光発電のメーカーシェアブログ:2021-8-31

1週間くらい前、ママとケンカになりました。
理由はささいなことです。

ケンカはすぐに収まりましたが、それがきっかけになったのか、
おいらの心の中で、もう解消したはずのわだかまりが一気に噴き出してきて、
悶々とする連日を送るはめに…

「ミイラ捕りがミイラになる」とはこのことか…と、苦笑しつつ、
あれこれと考え事が続きました。

同時に、弟のことを思いました。

数年前に弟に
「姉ちゃんは何もわかっていない。
オレがどれだけ姉ちゃんのことを心配していたか!」と、
えらい責められたことがありました。

その場はともかく「ごめんね」と謝りましたが、
どこかピンときていませんでした。

頭ではわかっていたんですよ、
優しい弟だから、
おいらがつらそうな時は心配してくれていただろうなぁ…と。

でも、
おいらがどんなに苦しい思いでおいらを心配してくれたか…ということは、
どうもわかっていなかったようです。

今回、
過去の自分の「つらかった気持ち」を
素直に受け止めることができた感があったとき、

「あ、弟も、本当にすごくつらかったんだな」と、
つくづく思ったのでした。

その数日後、たまたま弟に会う機会があったので、
「心配してくれてありがとう、長いこと気がつかなくてごめん」
ということを話しました。

弟には、
「うんまあ、オレ的には今はもうわだかまりはないよ、
姉ちゃんもこれでひと段落ということでいいんじゃない」
みたいなことを言われました。

自分の気持ちがよくわかったら、
父やママ、姉、弟…
家族みんなの気持ちもわかる感じがして、
自分でもひと段落、ああ、人生の棚卸しをしたような気分になりました。