これから近い将来、全国規模で太陽光発電が当たり前のものとなり、自家発電による電力供給がメインとなってくるでしょう。
太陽光発電から送られる発電量は確かに少ないですが、それでもある程度の電化製品の利用は十分に可能です。 当たり前のように電気のある生活を送れる日本の安全神話が崩れ、災害での停電が頻発しています。
少々割高ですが災害時の停電などに大変役立つ蓄電方式の太陽光発電を購入しておけば大変便利です。

 

太陽光発電で作られた電気には一切の無駄がなく、余った電気は余剰電力買取制度によって買電が出来ます。
発電量はいつでも確認することが出来るので「収益を出すために節電をもっと頑張ろう!」と節電効果をさらに生み出すことが出来るでしょう。どうして太陽光発電がここまで普及してきたのか?その一番の要因が節電をすることが出来るということです。
ご家庭での地球規模の貢献にはもちろん限度がありますが、太陽光パネルは最も大きな貢献の出来るシステムと言えるでしょう。



蓄電式太陽光発電なら災害時にも安心ブログ:2021-9-02

わたしたち人間の視力というのは、
常に一定にあるのではない。

赤ちゃんの時はぼんやりとしか見えず、
徐々に視力を上げていって、
5歳で子供の視力は出来上がり、
12歳までは絶対に落ちないものである。

5歳までは視力が向上して行くので、
この期間中に過度の勉強などさせない方がいい。

子供を外で遊ばせておけば、
自然と視力は
「2.0」以上になるものなのである。

ところが、
ほとんどのお母さんたちは
子供の視力に関しては全くの無知であるために、
子供の視力が悪いとスグに眼科医に行ってしまい、
子供に眼鏡をかけてさせてしまう…

子供が眼鏡をかけると
運動量が激減して更に視力を落としてしまうし、
視力が悪いと頭も悪くなるものなのである。

加えて、
眼鏡のために頭蓋骨がいびつになり、
今度は歯に影響が出始め、
虫歯にもなりやすくなる。

一方、
日本には眼科医はいても、
視力を向上させる医者がいない。

日本の眼科は国民健康保険があるために、
先進国の中でも非常に遅れていて、
子供の視力が落ちたら
「はい眼鏡!」ということになっている。

しかも、
子供の目を取り巻く環境は年々悪化していて、
テレビの見過ぎ、パソコンの普及、運動不足、
ファストフードの常食化…など、
子供の目が確実に悪くなる一方にある。

それゆえ小学生なのに
眼鏡をかけている子供が多いし、
幼稚園児でも眼鏡をかけている子供がいるのだ。

でも
子供の近視は大人の近視とは違い、
少し改善措置を施せば簡単に視力回復できてしまう。

子供は視力が落ちるのが早いが、
回復するのも早い。

子供の近視は
「小児性仮性近視」と呼ぶべきであって、
その近視はあくまでも仮性であって、
特別な治療を施せば簡単に治るものなのである。