電力量が少ないと言われている太陽光発電ですが、実際には生活に必要な電力は十分に確保出来るのです。
当然夜間や天候の悪い日は電気を作ることが出来ませんが、太陽が出ていれば問題無いほどの電力を誇っているのです。 今世界的に再生可能エネルギーが普及されており、その中でも効率的でまた現実的なのが太陽光発電です。
今最も現実的なのが太陽光パネルであり自然再生エネルギーを利用したシステムを安価で購入することが出来るようになったのです。

 

高額となりますが、蓄電式太陽光発電を設置することで、万が一の時にも電気というライフラインを確保することが出来ます。
さらにメンテナンスが安易で、太陽光が入る場所ならどこでも設置をすることができ、また設備も耐久性があるといった様々な理由で人気に拍車がかかったのです。電力不足に陥ってしまわないように、多くのご家庭で蓄電装置を導入している傾向にあります。
太陽光発電で作った電力をそのまま蓄電装置に蓄電しておくことによって、夜間や停電時にもある程度の電気を使用することが出来るようになるのです。



家庭での蓄電装置が普及し始めているブログ:2021-6-04

減量のために、トレーニングをしていると、
汗をかいたり、爽快な疲労感を感じますよね。

「いかにもカロリーをたくさん消費をしたなぁ〜」
という風に感じませんか?

しかし実のところ、
トレーニングすることによって消費されるカロリーの量は
限られたものに過ぎないんですよね。

日々のトレーニングによって消費されるカロリーの量は、
一日に消費するカロリーの量の2〜3割程度しかないといわれています。

一生懸命やっているのに、それくらいしかカロリーを消費しないのなら、
「トレーニングの意味がないのでは?」と思ってしまうかもしれませんが…

実際、トレーニングは
直接的には減量にそれほど貢献していないのです。

ところが、間接的には大きな貢献をしています!

減量とトレーニングの関係について
もう少し踏み込んでみると…

おいらたちが一日に消費するエネルギーのうちの大半は、
生命維持のために使われています。

睡眠をしている時もエネルギーを消費しますし、
食事をするだけでもエネルギーを使います。
もっと言えば、
息をするだけでもカロリーが消費されるのです。

このようにおいらたちが生きていく上で、
必要となるカロリーのことを「基礎代謝」といいます。

実は一日のうち、
基礎代謝によって消費されるエネルギーは、
全体の6〜7割といわれています。

基礎代謝によるエネルギーの消費量は、個人差があります。

基本的に、筋肉の量が多い人ほど、
基礎代謝の量が多くなるという関係性にあります。

筋肉の量を多くするためには、
トレーニングをする必要があります。

だから、減量をするためには
トレーニングをする必要があるわけなんです。